ロストアーク同接24万人、新規サーバー「ニネブ」が追加【韓国サーバー】

韓国サーバーでは現在、「アスタルジア」アップデートやソーサレスの登場などに伴って新規ユーザーが急増しており2018年11月のサービスイン以来、第2の最盛期を迎えています。

▲何時間待てばインできるか分からないほどの待機数

毎週数万人の新規流入があるとのことですが、既存サーバーの新規サーバー作成数を増加させたほか、一部サーバーは数ヶ月前からすでに物理的な限界点に達しているとのことから、
新規サーバー「ニネブ」が開設されました。

▲新規ユーザーを歓迎する体制を整えたロストアーク

先日の「ソーサレス」アップデート後、最高同時接続者数は24万人を突破、7月以降アクティブユーザー数(純粋利用者数)も100万人を超えたことが明らかにされています。
またこのうち、前週に比べて新規利用者数が304%、復帰者が256%増加しているとのこと。

2021年のロストアークは新規大陸「ベルン南部」登場を皮切りに、軍団長レイド ヴァルタン、新規クラス ガンスリンガー、軍団長レイド ビアキス、新規クラス ストライカー、軍団長レイド クークセイトン、そして7月には史上最大規模の軍団長レイド アヴレシュドをリリースし、各コンテンツのリリース後には新規利用者や復帰者、同時接続数などが大幅に上昇する現象が見られました。
※別のゲームでの運営トラブルなどによりロストアークに「移住」するプレイヤーが続出したという話題もありました

特に「軍団長レイド」というコンテンツは、”ロストアーク式”のレイドの概念を披露したという評価を得て、ロストアークの興行の展望を切り開く重要なコンテンツとなっています(”ゲーム東亜”より抜粋)。

参考 2018年のオープン当初~しばらくの間はユーザーが殺到し、時間帯によっては全サーバーで合計10万人もの待機者が発生、同時接続者数が25万人を超え、韓国の検索ランキングで「ロストアーク」が1位になるほど話題になりました。
また、初期のカオスゲートはプレイヤーが殺到しすぎてしまいエラーで入場すらできないということも話題になりました。

LOST ARK
スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
げぇむまぐな
タイトルとURLをコピーしました